​指導方針

​優しい心と丈夫な身体を身に着ける。
自発的な行動ができる。

クラブとしては、中学・高校でテニスを続ける事を前提として、小手先の技術ではなく、永続的に通用する技術を指導していきたいと思います。

その中で、上達したこどもが出てきた場合は、その上のレベルを教えていきます。

 

・技術的目標設定

①ストロークにおいて、しっかりとした返球をする事が出来る。

②サーブ・レシーブの習得(セカンドサーブ主体)。*カットサーブは基本禁止します

③審判(主審、副審)が出来る(ジャッジペーパーの記入含む)。

・生活的目標設定

高学年には下記の役割を担ってもらいます。

①自分の役割をしっかりと理解し、自発的に行動する事を目的とします。

・練習前の準備

 5年生:ボールの準備(空気圧を確認し4コート分に分ける)

 6年生:コートのネットの準備。

   :朝の準備運動

   :終礼の準備(整列・出欠確認・司会進行)

②挨拶ができる。

・コーチや父兄への挨拶(目を見てはっきりと声を出す)。

・練習開始時コートに入る時→「お願いします」 ・練習終了後コートを出る時→「ありがとうございました」

・練習時に自分の順番になったとき→「お願いします」

 

③道具を大切に扱う。

・ボールをなくさない。

・ラケットに傷をつけない。

​・設備を壊さない。

●ご父兄へのご協力のお願い

担当をしているコーチ陣も、試合参加や体調・諸事情により、欠席する事がございます。その際は、あげボール等のご協力をお願いする場合がございます。ご協力の程、よろしくお願いします。