​指導方針

中学・高校でテニスを続ける事を前提として、基本的な技術を習得できるよう基礎練習を中心に指導します。

その中で、上達したこどもが出てきた場合は、その上のレベルを教えていきます。

・技術的目標設定

①しっかりとしたストローク(1本)を打つ事が出来る。

②サーブ・レシーブの習得(ダブルフォルトをしない。安定的にセカンドサーブが入る。

 *カットサーブは基本禁止します)

③審判(主審、副審)が出来る(ジャッジペーパーの記入含む)。

・生活的目標設定

【全学年共通】

①挨拶の励行をします。

・練習前→おはようございます。 練習後→ありがとうございました。

・コートに入る時→お願いします。 コートを出る時→ありがとうございました。

・自身が打つ時(コーチがあげボールする時)→お願いします。

・コーチから指示があった時→はい。

②ボール拾い・コート整備

【6年生】集合時間は、練習開始の15分前とします。

・ボールの準備(倉庫から出す・4コート分に分ける・空気圧の確認)

・朝の体操・準備運動

・出席確認準備(下級生に指示を出す)

・終礼時の整列(6年生が、下級生を並ばせる)

【5年生】

次年に備え、年度途中から6年生と一緒に上記【6年生】の内容に参加してもらいます。

・ご父兄に対して、ご協力のお願い

コーチ陣も、試合参加や体調・諸事情により、欠席する事がございます。

その際は、あげボール等のお願いする事がございます。

また 練習時間が限られているため、1球でも多く打てるようボール拾いのご協力を可能な範囲でお願いいたします。